にんにく卵黄、ローヤルゼリー、フコダインなどのサプリメント情報満載

サプリメントの歴史

サプリメント誕生の歴史は1975年のアメリカから始まりました。アメリカの上院議員マクガバン氏が上院議会に提出した一冊のレポート(マクガバンレポート)がきっかけになります。そのレポートとは3,000名以上の有能な医師や科学者、生化学者らの協力により、過去の医療報告・栄養学的分析・臨床データをもとにした5,000項以上にも及ぶ膨大なものでした。その中でマクガバン上院議員は「アメリカ人の不健康の源は食生活の中の栄養不足にある!」と述べたのです。
その後サプリメントが人々に認知され、広く普及していくのは歴史的にも大きな出来事となった、1994年の「栄養補助食品健康教育法案(DSHEA)」と呼ばれている、健康補助食品に関する法案が成立してからのことです。

当時、米国では生活習慣病が増大し、栄養補助食品により積極的な病気の予防・改善効果を求める大きな流れが起こりました。一方政府においても「年々膨張する国民医療費を抑えたいという強い意向もあったからこそのことでした。この法案成立により、米国ではサプリメントを「食品」と「医薬品」の中間的存在であると位置づけ、サプリメント(栄養補助食品)が明確に定義され、健康に寄与するという科学的論拠が明確にされれば、製品のラベルにその効果・効能を記載してもいいこととりました。

法案が示されると、アメリカ国民から200万以上の賛成意見が寄せられ、その関心の高さが伺えました。歴史的意義のあるこの法案成立に際し、当時のクリントン大統領も「食事がライフスタイルや寿命に与える影響に国民の関心が高まっており、政府がサプリメントへの対応をアメリカ民の健康増進のために改めることは時流にかなうものだ!」と述べ、法案に署名しました。それまでは「何に効くのか?」「どう使えばいいのか?」といった情報は製品のラベルに記載されていませんでしたが、この法案の成立により、サプリメント(栄養補助食品)にその「効果」「効能」を表示するこが認められたのです。
科学的根拠があれば、FDA(食品医薬品局)に通知するだけで、情報を表示できるようになり、一般市民のみならず、医師たちも栄養学について知識を深め、医療現場においてもサプリメント(栄養補助食品)を積極的に活用するようになりました。

その結果、アメリカにおけビタミン剤や栄養補助食品市場の急成長をもたらしました。一方、これによりアメリカ国民には「なぜ使うのか」をよく考え「製品の科学的根拠は何か」を問い「自分に合う、質の高い製品を購入する」という自己責任能力が求められることになってきました。一冊のレポート(マクガバンレポート)が発端なって成立した栄養補助食品健康教育法案(DSHEA)はサプリメント(栄養補助食品)の歴史の中でも、もっとも意味深い出来事になったのです。

日本国内においても「医療不信」が叫ばれる中で、「自分の健康は自分で守る!」は、当然ことになりつつあるようですね。

Valuable information

脱毛サロンを恵比寿で探す